ハチなどを退治し安心生活【害虫は外注で退治】

刺されると痛い

ハチを退治するときに必要なこと

Man wears protection clothes

暖かくなってくると動物や虫の活動も活発になってきます。特にこれからの季節はハチの活動が活発になってくるので注意が必要です。しかし注意をしていても、知らぬ間に軒先や庭木に巣を作られてしまうこともあります。自分で駆除をする際には、次のことを確認しましょう。まず、ハチの種類を確認しましょう。巣を作っているハチがどんな種類なのか図鑑などで調べ、判断します。オオスズメバチやキイロスズメバチなど、危険な種類なら自分で退治しようとはせず、市役所や保健所、専門業者に相談しましょう。次にハチが本当に巣の中にいるのか、遠くから石や木を壁にぶつけて確かめます。ハチが出てきたらその巣は生きています。巣が生きていることが確認できたら、退治する準備をします。白色の雨合羽の上下を着て頭を守るためにゴミ袋をかぶり、黒色以外の手袋をはめて長靴を履きましょう。これでハチを退治するときの準備は完了です。退治をするときはハチの活動性が低くなる夜と狙うと刺される危険性が低くなります。

自分で出来る蜂の巣の駆除方法

巣を駆除する時期は、冬がもっとも適しています。ハチは秋に盛んに活動して私たちの脅威となりますが、冬は冬眠しているのであまり活動をしないからです。そして先ほども述べたように、夜間はハチの活動性が低くなるので、駆除は夜間に行うと安全です。駆除をする際は、香水やヘアトニックなど匂いの強いものは避け、防護のために合羽を着て巣に殺虫剤をたっぷりとかけます。殺虫剤の種類は蜂用でもいいですし、ゴキブリ用でも可能です。なるべく離れたところから殺虫剤を巣にかけ、内側にゴミ袋をかけた虫取り網を巣に掛けて棒で叩き、ゴミ袋に取ります。あとはゴミ袋の口を結べば完了です。そして早めにその場から立ち去ります。駆除の際に懐中電灯を使う場合はそのまま使わずに、赤いセロハン等をかぶせてハチを刺激しないようにしてください。